三鷹ハートフル矯正歯科医院、ホワイトエッセンス三鷹(加盟)院長の下田ミナです。

先日、2024年5月3日-6日にニューオリンズで開催されたアメリカ矯正学会American Association of orthodontists(に行ってまいりました。

AAOはアメリカニューオリンズの地で世界の最先端の矯正治療の時流を間近に学ぶことが出来る矯正学会です。

講演前には矯正研修医時代の同期の先生と一緒に、早朝のランニングイベントに参加してミシシッピー川を横目に走ってきました。とても快適な気候で長時間のフライト疲れからリフレッシュできました。ランニング後は、油で揚げた生地の上に粉砂糖がかかっているベニエの有名店で朝食をとりそのまま矯正学会会場へ向かいました。

アメリカ矯正界の世界レベルで有名な先生方の講演をたくさん拝聴しましたが、今回の学会ではより新しいアライナー矯正(マウスピース型矯正装置)について触れる機会があり、来月から日本でサービス開始される中国製のエンジェルアライナーや、デジタルデーターからダイレクトプリンティング技術によるインハウスアライナーという歯科医院でマウスピース矯正装置を作るシステムなどがたくさん出てきておりました。

私は、20年程前のアメリカ留学をきっかけに、約20年程、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を当院で行なっておりますが、世界的にも、ワイヤー矯正器具よりデジタル化によりマウスピース型矯正装置の方が主流になっていると感じました。そして、より新しい矯正歯科治療を矯正専門医として、患者さま個人個人に合わせてご提案していくことが、使命であると思っています。

さらには、日本の未来を担う子どもたちがより新しい矯正の考え方のもと行う早期の矯正歯科治療によって、できるだけ歯を抜歯しないで綺麗な歯並びときちんとした噛みあわせを手に入れるできることができるように、日々学び続けて行きたいと思いました。今回の学会で一番印象的だったのは、当院で採用してしているリモート矯正❤️‍🩹管理システム(デンタルモニタリング)の展示です。最近では、アメリカでデンタルモニタリングを扱う先生がとても増えているとのお話もありました。もはや世界的なパンデミックがついこのあいだだったことを忘れてしまいがちの日常ですが、コロナ前の約5年程の間、当院では通院しない期間のあいだ毎週ごとに、矯正歯科治療の進捗状況の把握をスマートフォンのカメラで撮影して頂いた写真を、リモートAI機能を用いて矯正治療の進行を管理システムであるデンタルモニタリングによってより早く確実に矯正治療が終わるようにサポートしてきました。LINEやチャットのようにアプリ上でコミュニケーションも簡単にできますので、患者様に寄り添いながら矯正治療が円滑に進めていくことができます。そのモニタリングの機能がさらにアップデートされており、驚きの1日となりました。

講演後には学会でお会いした母校の大学教授のおすすめのお店で炭火で焼かれる美味しい牡蠣を頂きました。ジャズ発祥の地であったり、独特な風土を持つニューオリンズの地で矯正学会に参加できたことは、非常に有意義な体験となりました。

当院は、患者さまの笑顔のためにお口の中から健康と美しさを追求し続けるために、世界水準の治療技術や知識を取り入れより高品質な矯正医療サービスを提供して参ります。

今後とも引き続き、患者さまにより一層満足して頂けるように努めてまいります。

 

インスタにも今回の投稿について詳しくお話させていただいております。

下田ミナインスタグラムアカウント→https://www.instagram.com/shimoda_mina?igsh=OGVjejN0bWh4anh2&utm_source=qr

当院のインスタアカウント→https://www.instagram.com/heartful.kyousei.mitaka?igsh=MW5wdmYyZnYxa3V5YQ%3D%3D&utm_source=qr

良ければインスタグラムもご覧くださいませ。

フォローもして頂けますと大変嬉しいです(*^^*)

すべては患者様の笑顔のために.

子供達の未来のために

 

三鷹ハートフル矯正歯科医院 ホワイトエッセンス三鷹(加盟院)

院長 下田ミナ